4月 15 2014

子どもが大学受験!学費という大出費を前に借入まとめてクリアにするための3ヵ条

40代や50代のサラリーマンになると、いよいよ子供が大学を受験するような年齢になるので、今まで以上にお金が必要になることが多いと思います。 このくらいの年齢のサラリーマンであれば、住宅ローンを組んでいる人達も多く、その他にもいろいろなローンやキャッシングを利用している人達もたくさんいると思うので、これから大学受験の費用や授業料や仕送りなどに備えて、今ある借り入れを一度整理することを考えてみることをおすすめします。 ここでは、子供の大学受験のための出費に備えて行うべきことをまとめて説明していきたいと思います。   最初に現在複数社からの借金がある人達におすすめなのが、おまとめローンになります。 おまとめローンとは、多重債務者のために銀行が低金利で融資を行っているローンのことで、おまとめローンを利用することで月々の支払い額が軽減されたり、トータルの支払額を少なくすることができるようになります。 さらに複数の支払いを1つにまとめることができるため、支払いの管理がしやすくなります。 もちろんおまとめローンを利用するには銀行の審査に通ることが必要になりますが、審査に通れそうな場合は進んで利用することをおすすめします。   次に複数から借入をしている時にどのようにすればいいのかを迷っている人におすすめなのが、ファイナンシャルプランナーなどのお金の専門家に相談することになります。 おまとめローンはこのような場合は非常におすすめの方法になりますが、しかし人によってはおまとめローンを利用することができない場合もあり、それ以上に良い方法もあるかもしれません。 そんな時に全ての事情を話して家計や借金について専門家に分析してもらえば、今以上の良い方法は必ず見つかることになります。   最後に大学受験の費用や今後の授業料で悩んでいる場合は、奨学金の利用も考慮することがおすすめです。 奨学金と言っても将来返金しなければいけないものばかりではなく、成績優秀な場合や低所得者などが利用できる返済しなくてもいいようなものもあり、それぞれの大学によって複数の奨学金制度があるので、入学前に一度奨学金制度について検討してみるようにして下さい。
4月 16 2014

住宅ローンに教育費…キャッシング滞納が決定したら、即やるべき3つの対処法

今では銀行系のカードローンも増えて、気軽にキャッシングの利用ができるようになったこともあり、多くのサラリーマンがキャッシングを便利に使っています。 その他にも結婚していて子供を持っているサラリーマンの多くは、住宅ローンや教育ローンなど複数の借入をしている人が多いため、時には毎月の支払いができなくなるというケースもあるかと思います。 そんな時には、住宅ローンであろうと教育ローンであろうと消費者金融からのキャッシングであろうと絶対に黙って滞納することは避けるようにして、必ず滞納が決定したら借入先に報告をするようにして下さい。 ここではローンやキャッシングの滞納が決まったらすぐにやるべきことについて説明していきたいと思います。   まず滞納することは決まったらすぐに電話で借入先の担当者に連絡を入れるようにして下さい。 この場合、もし数日間の滞納で済むのであれば、その旨担当者に伝えれば支払を待ってくれる可能性は十分にあります。 借入先も返済してもらわなければ困るので、返済が可能だと分かった場合には、ペナルティなしで返済を待ってくれる場合が多く、もちろん電話で怒られることもないので必ず電話連絡を入れるようにして下さい。   返済日を過ぎると延滞利息が発生することを恐れる人も多く、そうなればブラックリストに載ってしまうと心配する人も多いと思いますが、返済できる場合は返済日を変更してもらうことで延滞利息は発生することもないし、もし延滞利息が発生してもブラックリストにすぐに載ってしまうこともありません。 ブラックリストに載るというのは正確には個人情報機関に返済の延滞の記録が載るということになりますが、延滞ブラックとしての情報が載るのは通常延滞が3ヵ月以上続いた場合になるので、早めに連絡することで信用が汚れることもありません。   返済日が遅れるだけではなく支払不能になった場合はどうすればいいかと言えば、この場合は返済額変更の交渉に挑むことがおすすめになります。 これは返済日を延ばしてもらうように簡単にはいかない場合が多いので、自分でできそうもない場合には弁護士やファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談して、とにかく早めに行動するようにして下さい。