4月 30 2014

住宅ローン返済中の40代。キャッシングしても問題ナシ!なのはこんな3つの理由から!

審査中じゃないければOK!、キャッシングしても銀行にはわからない+調べない、ローンが滞らない範囲の借入額で 40代のサラリーマンともなれば、結婚をしても子供も授かって自分の家を持っている人もたくさんいると思います。
http://xn--n8jy72k4thprfsqktpqvnmb7j3pl.net/%e5%a4%b1%e6%95%97%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e3%80%81%e6%b6%88%e8%b2%bb%e8%80%85%e9%87%91%e8%9e%8d%e3%81%ae%e5%af%a9%e6%9f%bb%e3%81%ab%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e3%82%82/
サラリーマンでなくても生涯の中で一番大きな買い物となるだろう家を購入する時には、ほとんどの人が住宅ローンを利用することになると思います。 住宅ローンを組むと、これから何十年に渡って返済に迫られることになるため覚悟を持って組まなければいけませんが、ここでは住宅ローンとキャッシングについての関係を検証していきたいと思います。   まず住宅ローンを組む時にキャッシングの利用をしていても問題はないのか?というと、キャッシングをしていると住宅ローンは組むことができないということにはなりませんが、できればキャッシングの利用はない方が住宅ローンの審査には良いことになります。 しかし住宅ローンの審査中でなくて、住宅ローンの返済中や住宅ローンの審査に通ってしまえばキャッシングの利用をしても問題はなく、基本的に住宅ローンの借入はキャッシングする時に問題となる総量規制の対象外となっているため、キャッシングの審査において住宅ローンはほとんど邪魔をすることはないと考えて大丈夫です。   次に住宅ローンをすでに組んでいる場合にキャッシングの利用は関係するのか?ということについては、住宅ローンを組んでいる銀行などには住宅ローンを組んだ後にキャッシングしても分かることはほぼないし、敢えて調べもしないので安心して下さい。 それに住宅ローンを組んだ後にキャッシングの利用をしたからと言って、住宅を売りに出されることもないので大丈夫です。   けれども住宅ローンをしている時にはよほど高収入をもらっているサラリーマンでなければそれほど生活費に余裕があるわけではないと思うので、なるべくキャッシングの利用は控えることをおすすめします。 どうしてもキャッシングをしなければいけない場合は、ローンが滞らない範囲の借入額でキャッシングを利用するようにして下さい。  
4月 15 2014

子どもが大学受験!学費という大出費を前に借入まとめてクリアにするための3ヵ条

40代や50代のサラリーマンになると、いよいよ子供が大学を受験するような年齢になるので、今まで以上にお金が必要になることが多いと思います。 このくらいの年齢のサラリーマンであれば、住宅ローンを組んでいる人達も多く、その他にもいろいろなローンやキャッシングを利用している人達もたくさんいると思うので、これから大学受験の費用や授業料や仕送りなどに備えて、今ある借り入れを一度整理することを考えてみることをおすすめします。 ここでは、子供の大学受験のための出費に備えて行うべきことをまとめて説明していきたいと思います。   最初に現在複数社からの借金がある人達におすすめなのが、おまとめローンになります。 おまとめローンとは、多重債務者のために銀行が低金利で融資を行っているローンのことで、おまとめローンを利用することで月々の支払い額が軽減されたり、トータルの支払額を少なくすることができるようになります。 さらに複数の支払いを1つにまとめることができるため、支払いの管理がしやすくなります。 もちろんおまとめローンを利用するには銀行の審査に通ることが必要になりますが、審査に通れそうな場合は進んで利用することをおすすめします。   次に複数から借入をしている時にどのようにすればいいのかを迷っている人におすすめなのが、ファイナンシャルプランナーなどのお金の専門家に相談することになります。 おまとめローンはこのような場合は非常におすすめの方法になりますが、しかし人によってはおまとめローンを利用することができない場合もあり、それ以上に良い方法もあるかもしれません。 そんな時に全ての事情を話して家計や借金について専門家に分析してもらえば、今以上の良い方法は必ず見つかることになります。   最後に大学受験の費用や今後の授業料で悩んでいる場合は、奨学金の利用も考慮することがおすすめです。 奨学金と言っても将来返金しなければいけないものばかりではなく、成績優秀な場合や低所得者などが利用できる返済しなくてもいいようなものもあり、それぞれの大学によって複数の奨学金制度があるので、入学前に一度奨学金制度について検討してみるようにして下さい。
4月 16 2014

住宅ローンに教育費…キャッシング滞納が決定したら、即やるべき3つの対処法

今では銀行系のカードローンも増えて、気軽にキャッシングの利用ができるようになったこともあり、多くのサラリーマンがキャッシングを便利に使っています。 その他にも結婚していて子供を持っているサラリーマンの多くは、住宅ローンや教育ローンなど複数の借入をしている人が多いため、時には毎月の支払いができなくなるというケースもあるかと思います。 そんな時には、住宅ローンであろうと教育ローンであろうと消費者金融からのキャッシングであろうと絶対に黙って滞納することは避けるようにして、必ず滞納が決定したら借入先に報告をするようにして下さい。 ここではローンやキャッシングの滞納が決まったらすぐにやるべきことについて説明していきたいと思います。   まず滞納することは決まったらすぐに電話で借入先の担当者に連絡を入れるようにして下さい。 この場合、もし数日間の滞納で済むのであれば、その旨担当者に伝えれば支払を待ってくれる可能性は十分にあります。 借入先も返済してもらわなければ困るので、返済が可能だと分かった場合には、ペナルティなしで返済を待ってくれる場合が多く、もちろん電話で怒られることもないので必ず電話連絡を入れるようにして下さい。   返済日を過ぎると延滞利息が発生することを恐れる人も多く、そうなればブラックリストに載ってしまうと心配する人も多いと思いますが、返済できる場合は返済日を変更してもらうことで延滞利息は発生することもないし、もし延滞利息が発生してもブラックリストにすぐに載ってしまうこともありません。 ブラックリストに載るというのは正確には個人情報機関に返済の延滞の記録が載るということになりますが、延滞ブラックとしての情報が載るのは通常延滞が3ヵ月以上続いた場合になるので、早めに連絡することで信用が汚れることもありません。   返済日が遅れるだけではなく支払不能になった場合はどうすればいいかと言えば、この場合は返済額変更の交渉に挑むことがおすすめになります。 これは返済日を延ばしてもらうように簡単にはいかない場合が多いので、自分でできそうもない場合には弁護士やファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談して、とにかく早めに行動するようにして下さい。
4月 19 2014

親世代と同じ暮らしは高根の花!?家・車・教育費の3大支出を見直そう!

一昔前の当たり前を疑ってみる、家は老後に買うという生き方、車は持たないという生き方、教育費はかけ過ぎないという生き方 現在40代前後のサラリーマンの場合は、バブル時代を目の当たりにして生きてきたため、いつかその時代のように華やかな時代が戻ってくると真剣に期待している人達も多いと思います。 しかしバブル時代を目撃していない20代や30代以前の年代の人達は、今の暮らしを当たり前のように思っていて、40代以上の世代の人達とは大きなジェネレーションギャップが生まれています。 バブルの時代を知らない人達はいわゆる「ゆとり世代」と呼ばれる世代を多く含んでいて、そのような世代の人達にはあまり向上心がないと言われているので、それにも大きな問題があると思いますが、しかし40代前後の人達が親世代と同じような暮らしを望んでいることにも大きな問題があると思うので、ここでは40代前後の世代の人達が見直した方がいい家と車と教育費の3大出費について考えてみたいと思います。   まずバブル時代を見てきた人は、その当時の当たり前を疑ってみることが必要になります。その上で家と車と教育費の3大出費と呼ばれる費用をどうするか考えてみるようにしましょう。   1つ目の家については、以前は終身雇用が当たり前の時代で、給料も年齢を重ねると上がっていくのが普通でしたが、今ではいつ勤務している会社が倒産するか分からない時代で、加えていつリストラに合うかも分からない時代となっています。 そんな中で継続して高額な住宅ローンを支払うことができるのかをいうことを疑問に思う方が普通のことで、家はお金を貯めてから老後に買うという考え方もあると思います。   次に車に関して言えば、車がなくては通勤できないような場所に住んでいる場合は別として、東京など電車やバスを使って通勤できる場合は、車は生涯持たないという生き方も正しいのではないかと思います。 車は所有するだけで毎月のガソリン代や定期的に車検代や税金がかかるので、娯楽にために車を買わないというのも今の時代には合っているのかもしれません。   最後に教育費については、以前のようにかけ過ぎないという考え方でいいと思います。 なぜなら今ではインターネットを利用した格安な勉強法などがたくさん確立されていて、その気になればお金をかけなくても効率よくできる勉強法がたくさんあるので、昔のやり方で無駄にお金をかけるよりは、最近の勉強法を学んで効率的に勉強した方がよっぽど効果が上がるかもしれません。 バブル時代を否定するわけではありませんが、今の時代だからこそお金をかけなくても十分に楽しめる方法はいくらでもあるので、時代に合わせた生活を楽しんでみるのも良い方法だと思います。  
4月 21 2014

i-Pad、炭酸水メーカー、ルンバが揃っている家は要注意!新しもの好きが人生設計をダメにする3つの共通点

欲しいもの、新しいものは何でも買う、給料日前にはお金がない、親が裕福<子供の頃の裕福な暮らしのレベルから抜け出せない> 高収入のサラリーマンでもクレジットカードやキャッシングの使い過ぎで債務整理に追い込まれてしまう人もたくさんいると言われています。 もちろん高収入でないサラリーマンでもi-Padや炭酸水メーカーやルンバが揃っている家に住んでいる人は要注意だと言われていて、ここでは新しいもの好きが人生設計をダメにしてしまう3つの共通点について検証していきたいと思います。   なぜi-Padや炭酸水メーカーやルンバが揃っている家に住んでいる人が要注意かと言えば、これらは全て新しいものに興味がある人が絶対に欲しがる品物で、これらを全て取り揃えてしまう人は、欲しいと思うものは無計画に買ってしまう人で、世の中で話題になるような新しいものは何でも買ってしまう人だと言えます。   このような人の場合は新しいものが出れば並んでまでもその商品を手に入れることに執着してしまい、気が付けば給料日前にはお金がないということになっている場合も多く、結局生活するためにキャッシングやクレジットカードを利用してしまうという悪循環に陥ることになってしまいます。   どうしても欲しいものや新しいものを買わずにいられなくなるのは、親が裕福な家庭に育った人に多く、どうしても子供の頃の裕福な暮らしのレベルから抜け出せないということが原因となっています。 したがってここから抜け出すことは他の人が思うよりも簡単ではありませんが、自分の強い気持ちや家族の協力があれば浪費癖を直すことは十分に可能となります。   まず最初にしなければいけないのは、キャッシングやクレジットカードを使わないようにすることで、自分で本当に浪費癖を直したいということであれば全てのカードを解約するようにして下さい。 もしそこまでできないという場合は、家族に全てのカードを預けて一時的にカードの使用を禁止するようにして下さい。 おすすめなのは家族の同意がなければカードを使えないようにすることで、キャッシングや買い物をする時にいちいち家族の許可を取らなければいけなくすることで、自然にそこまですることが面倒になり浪費を抑えられることにもなるし、自分自身でも無駄なものを買おうとしていることに気付くことができるようになります。